ページの先頭です。
本文へジャンプする。

ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地球を見る衛星(地球観測分野)

先進レーダ衛星(ALOS-4)
プライムメーカ:三菱電機株式会社

ミッション

画像:先進レーダ衛星(ALOS-4)

先進レーダ衛星(ALOS-4)

先進レーダ衛星(ALOS-4)は、2014年5月に打上げた陸域観測技術衛星2号「だいち2号」の後継機であり、 Lバンド合成開口レーダを搭載します。新たに採用するデジタル・ビーム・フォーミング技術により、 「だいち2号」の高い空間分解能(3m)を維持しつつ、観測幅を4倍(200㎞)に拡大し、 平時における地殻・地盤変動などの観測頻度を向上させます。これにより、発災後の状況把握のみならず、 火山活動、地盤沈下、地すべり等の異変の早期発見など、減災への取組において重要な役割を担います。三菱電機株式会社がプライムメーカーとして、設計・製造を担当しており、協力して開発を進めています。

技術

先進レーダ衛星(ALOS-4)は、「だいち2号」の分解能を維持しつつ、観測幅(1回の軌道で観測ができるエリア)を4倍に拡大します。 これにより、広域災害時には、一度に多くの発災状況を取得できるようになります。また、先進レーダ衛星(ALOS-4)は、だいち2号と同様に発災後の観測画像と比較できるように平時でも観測を行い、 比較用のベースマップを整備しますが、観測幅が向上することで、ベースマップをより高頻度に更新できるようになります。

画像:先進レーダー衛星(ALOS-4)の観測範囲

 

仕様

「先進レーダ衛星(ALOS-4)」の仕様・打上げ

項目 仕様
ミッション機器 Lバンド合成開口レーダ
  • スポットライト
    分解能 1m×3m  観測幅  35㎞×35㎞
  • 高分解能
    分解能 最高3m   観測幅  200㎞
  • 広域観測
    分解能 最高25m   観測幅  700㎞
サイズ 検討中
質量 約3トン
設計寿命 7年
運用軌道 太陽同期準回帰軌道 高度628㎞
打上げ年月日 平成32年度予定  
打上げロケット H3ロケット試験機1号機(予定)
プライムメーカー 三菱電機株式会社
本文ここまで。
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
画像:衛星利用の情報を発信 衛星利用推進サイト
ページTOP